SmartCustomFieldsでニュースサイト風出力

まなめはうす さんリスペクトなのでニュースを投稿しやすくカスタマイズ。

投稿画面作成

モンキーレンチさまのSmart Custom Fieldsを使用させてもらってます。テーマもhabakiri、モンキーレンチさま最高!ステキ。

  1. プラグインSmart Custom Fields WP:https://ja.wordpress.org/plugins/smart-custom-fields/ をインストール。
  2. カスタムフィールドを設定
    01繰り返しにチェックを入れてニュースを複数投稿できるように。投稿タイプは「投稿」にチェック。
  3. カテゴリ作成
    NEWSカテゴリ、スラッグnewsを作っておきます。
  4. テスト投稿をしておく。
    02この投稿です
    ニュースは繰り返しで投稿しておきます。カテゴリはNEWSを選択

表示部分カスタマイズ

表示方法は2通りあります。

  • Aパターン the_content()をフックする。
  • Bパターン single-news.php等を作りカスタム投稿用の表示を作る。

Bパターンは、一覧で出力するためにもう一手間必要だったり、RSSの出力等でさらにもう一手間いったりするので却下。

functions.phpにフックを書く

コードは次の通り
不細工ですけどゆるして。

//投稿がカテゴリNEWSに属しているとSmartCustumFieldのnews_groupの値を出力
//the_contentをフックする。条件はカテゴリNEWSに所属しているとき
function my_the_content( $content ) {
//カテゴリNewsに所属していたら
if ( has_category( ‘news’, $post ) ) {
// スマートカスタムフィールドグループ’news-group’を取得
$news_group = SCF::get( ‘news-group’ );
//繰り返しをarrayで取得するのでその内容を$news_contentに追記していく
$news_content=””;

if($news_group !=null){
$i=0;
foreach ( $news_group as $fields ) {
$news_content.='<div class=”news_block”>’;
$news_content.='<h3 class=”news_title”>’. $fields[‘news_title’].'</h3>’;
$news_content.='<ul><li><a href=”‘.$fields[‘news_url’].'”>’.$fields[‘news_source’].'</a></li>’;
$news_content.='<li><a href=”‘.$fields[‘news_release_url’].'”>’.$fields[‘news_release_name’].'</a></li></ul>’;
$news_content.='<p>’.$fields[‘news_content’].'</p></div>’;
$i++;
}
};
//ガッチャンコ
$content.=$news_content;
}
return $content;
}
add_filter( ‘the_content’, ‘my_the_content’ );

これで表示できます。簡単。
NEWSのときにわかりやすくアイコン等表示さしたければHabakiriのアクションフック、habakiri_before_title とかでいけますね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL