13

Xperia Z3 compact からA2(J1化済)に乗り換え

Xperia Z3 Compact のタッチ切れが進んで来ましたので、A2(J1化 MVNO版)に乗り換えました。
で、A2に乗り換えたら快適、快適。
うっとおしいドコモ謹製のアプリが動かないので、メモリに余裕が!
Z3では画面切り替わる度に再起動していたポケモンGoも余裕!

なんでしょうね。こういう感じ。

Z3の修理は無償でできるもよう。

ドコモショップの方、手慣れた感じで対応してくれました。不具合めっさ多かったみたい。

10

塀内夏子さんKindle Unlimited で復活?

KindleUnlimited塀内夏子さんの作品が復活?してました。

イカロスの山


おれたちの頂とか昔書いてはりましたね。イカロスの山はプロット一緒のような気もするけど、いい!
山をテーマにした漫画は意外とあるんですが、入門にいい感じ。

ヒマラヤ山脈で8,000m級の未踏峰が発見された。
山男、平岡と学生時代にバディを組んでいた医者の三上。
三上は迷いつつも、未踏峰を目指す。

人間ドラマも綿密に描いた、大人向け山岳漫画


一覧
http://amzn.to/2jcNImE

Jドリーム

少年マンガにしてはリアル路線?のサッカーマンガ。本橋さん!
Jドリーム、飛翔編、完全燃焼編と続きます。
ドーハの悲劇世代には胸熱。

一覧
http://amzn.to/2johjJo

オフサイド

変な技とか出てこないのがいいですね。
高校サッカーを描いたサッカーマンガ。

熊谷五郎は弱小チームのキーパー
高校は強豪チームを目指していたが、ひょんなことから弱小チームに。
弱小チームながら主将織田を中心に高校選手権を目指す!

一覧
http://amzn.to/2jorZHW

フィフティーンラブ

ちょっと内容憶えてません。読み返したら追記します!
一覧
http://amzn.to/2i8AYAH

 

05

ミラーレス一眼の時代は来るのか? 他

あけおめです。

今年前半が正念場!

ミラーレス一眼の時代は来るのか?

そして巨大化するミラーレス。
ミラーレス巨大化したら、普通の一眼でいいやんみたいな。

EVFが標準になるのはいいことだとですが、住み分けが重要だと思う。

新臓器

人体不思議

フリーソフト選

waifu2x-caffe が気になる。

28

モバイルファースト加速中

まぁ家にPCない人も多いですもの。

年末年始の読書はベニー松山特集かな。

国内だけならsafari(iPhone)が圧倒的なんですよね

がらぱごす

塊魂!

Androidもあった!いれた!

26

ハリポタ

KindleUnlimitedに登場ということで読み返してます。

第一巻 ハリー・ポッターと賢者の石

記念すべき第一巻
ロンドンの郊外、いわゆる普通の家族に阻害され育てられたハリー。
11歳の誕生日に届いた魔法学校ホグワーツの入学案内が、ハリーの運命を変える。
ホグワーツの素晴らしい日々と、宿敵「名前を言ってはいけないあの人」との対決。賢者の石とは?

第二巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

ホグワーツ魔法魔術学校の2年目

いやー面白い。おっさんが何読んでんねんとかいう声は無視。
映画がよくできていることも再確認できますね。
ハリーと「名前を言ってはいけないあの人」との関係の種まき編。

第三巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

怒涛の伏線回収と新たな種まき!
最終巻まで読むとプロットの緻密さに驚かされます。
今巻では、最後の最後まで重要になる、守護霊の魔法が登場!

第四巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

4巻目は青春編というか、天下一武道会編というか。「名前を言ってはいけないあの人」との戦いは一休みと思わせておいて!
ここでも伏線はりまくり。

第五巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

5巻目、いよいよ「名前を言ってはいけないあの人」との決戦に向けて対抗組織が活動開始。
思春期真っ只中のハリーに若干いらいら。
わかりやすい悪役設定はハリポタシリーズの醍醐味なのか、弱点なのか・・・

第六巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

いよいよラス前!ということで盛り上げるのかと思いきや、ここで一旦おちついて最終巻に向けて人物の内面描写。
わかってるね、ローリング。
これまで凄いおじいちゃんだったダンブルドアが身近に感じられ、とはいえ終盤では盛り上げる盛り上げる。
6巻7巻は一気読みおすすめ。

最終巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

最終巻。前半はロードムービー風に。まだ種まくかね。
後半はこれまでの謎、伏線、人間関係が一気に回収されていきます。見事というしかないプロット。
最終バトルは映画とちょと違う。どちらが好みかというと、本のほうがいいね。

感想まとめ

そもそもいい大人になってからの発刊なので、大人が読むべきとかは言えません。
が改めて読み直すと構成の巧みさに驚かされますね。
構成だけでいうと指輪物語より上なのではないでしょうか?
悪役の内面がほとんど描かれないことにより、判官びいきの日本人にとってちょっと物足りないような。
これから読むお子様のためにも、まともな和訳が出ることを切に望みます。