30

CSS3はすごすぎ

css3は凄いね。

 

それ町 16

08

Perspective Mockup Photoshop Action

kuromi

くろみお嬢様がかわいすぎたのでこんな感じにしてみました。

使ったのはPerspective Mockup Photoshop Action

atnファイルをダウンロードしてダブルクリックするとPhotoshopにアクションがインストールされます。

アクションからCreateCanpasを実行。作成された新規画像に変換したい画像を貼り付けて、アクション2.0 One Upを実行。

 

28

Elementor 凄い

Elementor インストールしてみました。

いやー
すごいわ、これ。

左ペインで入力スタイル。リアルタイム反映

 

タブ #1
タブタイプのコンテンツ作成も楽々。
タブ #2
もちろん切り替えも
PageBuilderでちょっと実装が面倒なアコーディオンコンテンツも余裕。
ほらね

エフェクトも一通り入ってるし。

コーダーいらなくなるんじゃないのか!

 

プログレスバーとかもあるね
紹介レベル 33%

PageBuilderのWidgetは直接使えないですね。

適材適所で使えばかなりWordPressの可能性は広がると思います。

パララックスできるのか調査中。

18

PageBuilderにコンテンツスライドイン効果を付けた

調子にのったので、コンテンツスライドイン効果を付けた!

JqueryのプラグインはFadeThis 

手順は、目次の通り。

JSの配置

子テーマなので、子テーマのディレクトリ直下にjsディレクトリを作成、http://lwiesel.github.io/jquery-fadethis/ からダウンロードしたファイルを解凍して jquery.fadethis.min.js を放り込む

 

functions.php にJS読み込みと実行を追記

headerとfooterに直書きしてもいいのですが、それもなんなのでfunctions.phpに追記


/コンテンツスライドイン実装
//wp_headに追加
function adds_head() {
echo "n".'<script type="text/javascript" src="';
echo get_stylesheet_directory_uri() . '/js/jquery.fadethis.min.js'."n";
echo '"></script>';
}
add_action('wp_head', 'adds_head');
//wp_footerに追記
function adds_footer() {
echo '<script>jQuery( function( $ ) {$(window).fadeThis({distance:500})} );</script>'."n";
}
add_action('wp_footer', 'adds_footer');

配置したrowやWidgetにクラスを記述

Attribututesでクラスを付与できるのでそこから。

slide-left

slide-right

slide-top

slide-bottom

以上でスライドイン!簡単!

18

PageBuilderでパララックス効果

検索したけど出てこなかったので、備忘録。

PageBuilderでパララックス(視差効果)を使いたい場合の説明。

2ステップで簡単!

準備

まずレイアウト。レイアウトは全幅が無難。01

パララックス効果を付けるROWは縦を長めに取ったほうが視覚効果的にわかりやすいので、最低限400PXはいるかなー
スマホのこと考えると60vhとか使えるといいです。

PageBuilderで作る場合、ROWにパララックスを付けるので、その中身に高さを書いてやります。

例えばこのROWは2カラムでSiteOrijinEditerなので、SiteOrijinEditerのLayOutにPadding設定。
上下5remとかにします。

Rowにパララックス設定

このページの1.準備にパララックスの設定をします。

準備で上下パディングは付けているので、rowをeditしてやります。
02

右側メニューのDesignでBackground Image(背景)を指定、Background Image Display を Parallax に。
03

完了

以上で完了

やってみると簡単です。

書いてて思ったけどrowのLayoutで縦幅決めてもいいんちゃうと。

まぁまぁ。